紹介制度を採用しているレーシッククリニック

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 最近では安全性への重視などから、どのクリニックも割引制度を控えめにしているケースがあります。
しかしまだ実施しているクリニックはあるので比較サイトなどで探してみてください。

 

レーシックの紹介制度は友人や知人がレーシックを受けようと考えており、クリニック選びに迷っている時に紹介をしてあげましょう。
双方が得をするシステムなので積極的に利用をされると良いでしょう。
レーシックの手術を受けた人が他の人を紹介して、その人がクリニックでレーシックを受けた場合、謝礼金が貰える制度があります。
商品券などを受け取ることが出来るメリットのほか、紹介された人も割安価格でレーシックを受けることが出来るようになります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。



紹介制度を採用しているレーシッククリニックブログ:2020/12/31

僕が小学校三年の時だった。
いつも、学校から帰ったら必ず聞く
母親の「おかえり」の声が聞こえなかった…

不思議に思っていたら、父親からの電話が鳴った。
内容は、母親が急に倒れてしばらく入院になり、
容態は深刻との事…

まだ幼かった僕には
父親が何を言っているのか全く分からなかった。
父親の声が遥か遠くに思えたのだ。

祖父母にきてもらい、
荷物をまとめるのを手伝ってもらって、
手早く母親の着替えなどを鞄に詰め込み
急いで病院へと向かった。

高鳴る鼓動を抑え病室に入り、
ベッドに横たわる母親の真っ白い顔を見ると
気づかないうちに頬に冷たい雫が流れた。

普段は見る事のない母親の姿を見て
心が緩んでしまったのかもしれない。
何もしてあげれない自分を恨めしく思った。

「そろそろ帰らなきゃ」
母親の荷物整理を終えた祖母に促され病室を出た。

帰りの車の中で
僕の頭は何も考えていなかった。
いや、考えられなかった。

自宅につき扉を開ける。
しかし、僕の望んだ光景はなかった。

今の我が家に足りないもの、
それは母親の温かい笑顔、そして優しい声…

一気に寂しさが胸にこみ上げてきた。
母親のぬくもりを捜して家中を、
狂ったように探し回った。

祖父母に止められるまで
僕は一心不乱に探し続けた。

食事も喉を通らない、睡眠もろくにとれない…
もう、精神的に弱っていた。

そんな僕を支えてくれたのは
父親、兄、おとうと、そして、祖父母。

感謝してもしきれない。
皆がいなかったら
僕は弱りきっていたかもしれない…

僕は心の底から
「ありがとう」と思った。