紹介制度を採用しているレーシッククリニック

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 最近では安全性への重視などから、どのクリニックも割引制度を控えめにしているケースがあります。
しかしまだ実施しているクリニックはあるので比較サイトなどで探してみてください。

 

レーシックの紹介制度は友人や知人がレーシックを受けようと考えており、クリニック選びに迷っている時に紹介をしてあげましょう。
双方が得をするシステムなので積極的に利用をされると良いでしょう。
レーシックの手術を受けた人が他の人を紹介して、その人がクリニックでレーシックを受けた場合、謝礼金が貰える制度があります。
商品券などを受け取ることが出来るメリットのほか、紹介された人も割安価格でレーシックを受けることが出来るようになります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。



紹介制度を採用しているレーシッククリニックブログ:2021/3/24

みなさまは、
減量というと、
「ご飯制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

ご飯の回数を減らすとか、ご飯を抜く…といった、
過酷な減量をイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されている減量では、
24時間3食の規則正しいご飯を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりのご飯の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

減量中にこそ
規則正しくご飯する必要があるのには、
それなりの理由があります。

わたしたちの体質は、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

ご飯に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後のご飯では、
とにかくできるだけ多くの栄養分を体質の中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、24時間2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすい体質になってしまうわけです

ご飯抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

わたしたちの体質の特性から考えると、
ご飯の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しいご飯のほうが、
減量には効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすい体質になるんです!