ドライアイとレーシックの関連性

近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人も適性検査をクリアすることでレーシックを受けることが出来ます。

 

ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックは角膜を削っていくことになりますが、角膜には眼の水分を調節する神経が沢山あることからレーシック後にドライアイとなってしまうことがあるのです。
レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人はレーシックのクリニックでいろいろと相談をしてみるようにしましょう。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。



ドライアイとレーシックの関連性ブログ:2020/11/24

よく「お酒はシェイプアップ中は控えたほうがいい」
という話を聞きますよね。

理由としてよく言われているのが、
お酒はカロリーが高いから
シェイプアップの妨げになるということです。

確かに、お酒にもカロリーはありますから、
あながち間違いではありません。

しかしそれよりも
お酒がシェイプアップ中によくない理由があるんです。

お酒を体の中に入れることによって、
肝臓をはじめとする体のありとあらゆる器官が、
アルコールを分解し、排出するための体制に集中をする傾向があります。

ある意味そのくらいアルコールは、
体のエネルギーを集中させないと
分解、排出することができないともいえます。

でも体には、他にもいろいろな役割があります。

食事の中の栄養分から、
筋肉などの体の材料を作ったり、
カロリーを消費したりということがあります。

ところがお酒を飲むことによって、
体の他の作業が一旦ストップしてしまうのです。

筋肉を作ることができなくなると、
カロリーを消費するすべを失います。
ですから、結果的には
お酒によってシェイプアップの進行を食い止めてしまう形になります。

なので、
シェイプアップ中、お酒はできるだけ控えたほうがいいでしょう。

もしどうしても禁酒が難しいというなら、
飲むお酒の量ではなく、
お酒を飲む回数を減らすことを心がけましょう!

一切お酒を飲まない日を設定することによって、
体がアルコールの分解に気をとられることがなくなります。

そのため、シェイプアップに集中することができるのです。